2.5mくらいの落差のある水路ありますよね?

一般的な用水路よりも水の流速や流量が大きい箇所に適用できるのがWSCです。WSCは可変ピッチ水車であり、出力として10〜200 kWを超える領域をカバーしています。

落差用発電設備

取水方式は上部注入で、配管接続によって水を上から取り込んで、水車のピッチを調整して最適な出力を得られる運転を行います。系統連系による売電が可能で、発電時は水車内部はゴミが残留しにくい構造であるとともに、WSJと同様にゴミが溜まったら自動でゴミを排出する機能を有しています。また取水口下流側には水位調整を行うための扉が設けられています。

 

型 番WSC
水車型式プロペラ型
ダクトタービン
適用水路中落差 (縦型ダクト)
適用区分落差部
水路幅-
水深-
流量0.3~6 ㎥ /s
落差 2~12m
水量変化50~100%

静岡中部金属開発協同組合054-634-0722 (FAX:054-634-0721)
〒426-0055 静岡県藤枝市大西町3-14-33
受付時間 8:00~17:00 (土・日・祝日除く)

お問合わせはこちら